ホーム » コラム » Googleアナリティクス4 » Googleアナリティクス4でGoogle広告の検索クエリを取得する方法

Googleアナリティクス4でGoogle広告の検索クエリを取得する方法

Googleアナリティクス4でGoogle広告の検索クエリを取得する方法

この記事は4分で読むことができます。

記事サマリー

この記事を読んでわかること

    • Googleアナリティクス4から、出稿している検索広告キーワードと検索クエリを知ることが出来る

こんな方へオススメの記事

    • SEO対策キーワードの参考にしたい方
    • 広告主で現状代理店がどんな検索広告のキーワードで運用しているのか知りたい方

この記事を実践する事前知識と準備

    • Google広告とGoogleアナリティクス4のアカウントがリンクされていること
    • Googleアナリティクス4の探索レポートで作成
    • Google検索広告のキーワードレポートのみ出力が出来るため、PMAXや他媒体は対象外

Google広告とGA4のアカウントがリンクされていること

必須条件となりますのでリンクする方法については、こちらを参照してください。

参照ページ:[GA4] Google 広告とアナリティクスをリンクする

リンクされているかはGA4の管理画面からも確認が出来ますので、「管理」タブを押します。

GA4×Google広告とのリンク

次に、サービス間のリンク設定にある「Google広告のリンク」を押します。

 

そうするとリンクされているGoogle広告アカウントの一覧が出てきます。ここにアカウントが出てこない場合は、GA4とGoogle広告をリンクをしてください。また、右上の青いリンクボタンが出ない場合は、リンクするためにGA4の編集権限とGoogle広告の管理者権限を持ったメールアドレスでログインする必要があります。

Google広告とのリンクしたアカウント一覧

確認はこれで終了となります、いよいよ探索レポートで作成します。

 

探索レポートを作成

①探索レポートを押し「空白」からレポートを作成します

探索レポート作成方法①

 

②ディメンション名をインポートする

探索レポート作成方法②

 

ディメンションの横の+ボタンを押します。Google広告のクリックに近い集計方法に近い、頭に「セッション~」ではじまるディメンション名を選んでください。

選んだら右上の「インポート」の青いボタンを押してください。

 

③指標をインポートする

セッションは必須項目です、その他は案件に応じてトランザクションやコンバージョンを指定してください。選んだら右上の「インポート」の青いボタンを押してください。

 

④ディメンション名を行に、指標を値へドロップイン

ディメンションは行へ 指標は値へ

しばらく待つと、データが出てきます。

 

探索レポートにてキーワードと検索クエリのレポートが完成

探索レポート完成

補足ですが、検索クエリとはユーザーが検索したクエリのことで、キーワードとはGoogle広告のアカウントで入稿しているキーワードのことで、トリガーとなったキーワードのことを指します。キーワードと検索クエリが違う場合は、キーワードが部分一致のマッチタイプで拡張したものとなります。後は、対象期間を選んだり、表示する行数を増やしてください。

 

出力できるキャンペーンは検索広告のみ

再度にはなりますが、抽出出来るキーワードと検索クエリについてはGoogle検索広告がトリガーとなったキーワードのみとなります。PMAXがトリガーとなったキーワードや検索クエリは抽出が出来ません。

 

最後にこの機能を使って出来ること

SEOのキーワード選定はとても難しいと思います、年々キーワードプランナーからのキーワードの検索ボリュームも信頼性に欠けるものとなっておりますので、Google検索広告を実施している場合は是非GA4の権限をもらってください。

また、広告主様は代理店のブラックボックスに対してどんな運用をしているのかを調べてください。キーワードレポートはマーケティングの再現性にも繋がる重要なレポートですので、是非活用してください。

上部へスクロール