大手広告代理店のウェブマーケティング教育や、コンサルティング業務に従事し
マーケティングとテクノロジーのイノベーションを起こす「マーケティングテクノロジスト」

ウェブマスターツールのコンテンツキーワードについて

上図が、ウェブマスターツールのコンテンツキーワードの一覧です。「石黒堂」というブランドキーワードが最重要じゃないのが、残念です。
さて、前日に記事にした形態素分析をしたキーフレーズマクロですが、トップページのHTMLソースで形態素分析してみました。
サイトのコンテンツキーワードなんとなく似ていることがわかると思います。全ページを形態素分析をしたら近い結果になるかもしれません。
つまり、<title><meta discription><meta keywords><h1><h2><h3><alt>タグあたりを切り取れば、コンテンツターゲットで引っ掛かりやすいキーワードがわかるような気がしました。

  1. トピックターゲットなどブロードリーチで広告を掲載する。
  2. 配信先レポートから、HTMLソースを抜いて形態素分析をする。
  3. コンテンツターゲットに引っ掛かりやすいキーワード傾向がわかる。

サーチの検索クエリを、コンテンツターゲットに入稿するやり方は流行っていますが、この切り口は新しいかなと。ディスプレイキャンペーンプランナーでプレースメント指定して、キーワードを抽出すると、、、サイトのコンテンツキーワード全然関係の無いキーワードになりました。よし、このやり方をツール化しようと思います。ですが、配信先にSNS系サイトが出てきたら、ログインしないとソースが抜けないので、あまり使えないかも。ただし、コンテンツキーワードのキーワードロジックが少しわかっただけでも、提案に活かせそうです。

と、かなりマニアックな記事になってしまいましたが、需要ってあるのだろうか(笑

関連記事はこちら

Add Comment

CAPTCHA


Copyright © 石黒堂|マーケティングテクノロジストとウェブマーケティングブログ