大手広告代理店のウェブマーケティングの教育やコンサルティング業務に従事し、マーケティングとテクノロジーのイノベーションを起こすため、マーケティングテクノロジストとしても活動しています。

低CPCで誘導して、モチベーションのあるユーザーにリターゲティングする方法

滞在時間トップ

本日、あるお客様のところへ伺い、とても広告の知識が深くユニークな方とお会いしました。そこでリターゲティングにご興味があるというお話を受けまして、少し変わったリターゲティングの設計を記事にします。

低CPCでノンターゲティングの広告をかけて誘導します。ノンターゲと言っても改善方法は、フリークエンシーでクリック率の改善が可能です。しかし、フリークエンシーだけでは、色々なターゲットや多岐のモチベーションユーザーを呼んでしまい、直帰率の高いユーザーを呼び込んでしまいます。

ではどうしたらよいのでしょうか?下記、解析の結果を見て頂きたいです。ランディングページの滞在時間とコンバージョンの関係を可視化したものです。解析ではランディングページだけの滞在時間は追えないのですが、特殊な設定をして取得しました。

5滞在ランディングページに10秒以上滞在した方が、お問い合わせに至る確率が高いことがわかります。つまり、ランディングページに滞在をした精読率に合わせてリターゲティングをすれば、確度の高いユーザーだけを、リターゲティングで巻き取れるのではないでしょうか。

  • 広告の役割         … 広告訴求を尖らせて、質の高いユーザーのクリック率を上げること
  • ランディングページの役割  … ユーザーに興味のあるコンテンツを作成し、滞在時間を上げること
  • リターゲティング広告の役割 … 精読率の高いユーザーを再来訪させて、コンバージョンに至らせること

設定方法については、追々記載しますが、ページの精読率に合わせたリターゲティング広告は試してみる価値があるのではないでしょうか?

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2017年7月
« 10月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31