大手広告代理店のウェブマーケティングの教育やコンサルティング業務に従事し、マーケティングとテクノロジーのイノベーションを起こすため、マーケティングテクノロジストとしても活動しています。

リーチとフリークエンシーレポートとYDNの可能性について

フリークエンシーとリーチについて

リーチとフリークエンシーレポートが新しくなっていたので記事に致します。まずは言葉の定義から記載致します。

  • ユニークユーザー数・・・広告が表示されたユニークユーザー数
  • 頻度・・・1ユーザーに対して広告が表示された回数

上記指標に対して、「クリック数」「クリック率」「コンバージョン数」「コンバージョン率」の指標が見られます。先日リマーケティングリストのリストのサイズが見られるようになりました。

リストサイズざっくりとですがリストUU数に対するユーザーリーチ数がわかります。媒体側はよくリーチ数という言葉を言います。

「リストUU数>UUに対するリーチ数>クリック数」

本日、ディスプレイ広告に詳しい方と少しお話をしたら、フリークエンシーについて着目したいという話になりました。リターゲティング広告のKSFは「リーセンシー」以前記事にしましたが、リスト化されてからの経過日数になります。

ですが、追跡広告以外についてはフリークエンシーがとても重要になります。1ユーザーに数回見せただけで流入したユーザーの方が、確実に高いのは「引上げ率」です。

引上げ率とは、初回サンプル購入から直本品への転換率になります。それぞれの業界で引上げ率は変わって来ますが、30%ほどだとかなり高い指標になり、10%ほどだと低い数値になります。

実データは残念ながらお見せは出来ないですが、DSPなどでフリークエンシーを7回にして、CPMを1円以下で掲載すると引上げ率の高いコンバージョンが獲得出来ます。ユーザーに何回も広告を見せて育てることも重要ですが、直感でクリックして流入してくれたユーザーなので引上げ率が高いのでしょう。

タイトルに有ります通り、Yahoo!ユーザーには引上げ率の高いユーザーが沢山眠ってます、媒体の特性なのでしょう。YDNのその他の広告などフリークエンシーの設定が出来れば、かなり効果の良い広告になるのではないでしょうか?期待しております。

なかなか、CPC課金で運用したことがある方には、受け入れにくいかもしれません。リマーケ以外のディスプレイネットワークにはフリークエンシーレポートを見ることを、頭の片隅に入れて頂けると嬉しいです。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031