大手広告代理店のウェブマーケティングの教育やコンサルティング業務に従事し、マーケティングとテクノロジーのイノベーションを起こすため、マーケティングテクノロジストとしても活動しています。

AISCEASを加味した態度変容をプロモーションに活かす

aisceas

AISCEASが、今のユーザーの行動かについてはひとまず置いておくとして、これからの広告の概念が変わりつつある。

今までは、どのフェーズのユーザーにも関係無く広告というのを打つことが出来た。リスト設計という概念が、2013年非常に注目された昨今において、リスティング広告も同じ道を歩んでいる。

つまり、どのユーザーに何の広告を当てて、どういう気持ちにさせて、どう行動してもらうのかが可能になる。

  • 注意・・・ブランドパネルなど、ポータルからのリファラをリスト化する。
  • 関心・・・媒体社の1stパーティターゲティングからのリファラをリスト化する。
  • 検索・・・サーチ経由のリファラをリスト化する。
  • 比較・・・比較系サイトや、サーチターゲティング、コンテンツターゲティングからリスト化する。
  • 検討・・・訪問回数が、過去よりも増えている場合にリスト化する。(※ベロシティターゲーティング)
  • 行動・・・購買したユーザーの購入回数によるリスト化する。
  • 共有・・・ソーシャル経由のユーザーをリスト化する。

実は、全て定義さえ決めてしまえば、リスト化は可能なのである。今までは全てがひとくくりであったが、それではもう、クライアント主を満足させられなくなっている。

アトリビューションやCRMが、高いだけで何も施策に活かせない結果になっているが、リスト広告が流行ることにより、各フェーズの最適化や連続性がわかる時代になっているのだ。

既にGoogleAdwordsでは、RLSAというメニューが出ており、リストに対してサーチやディスプレイ広告を掲載することが可能になっている。

2014年は、リスト広告が流行る時期が来るのではないだろうかと思う。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

2017年10月
« 10月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031